コンタクトの違いを比較!ソフトとハードはどっちがいいのか?ネットで購入してみたよ。

ソフトとハードはどっちがいいのか比較!ネットで購入してみたよ。
コンタクト無くした!ショック…。

コンタクトレンズは、ソフトとハード、カラーコンタクト、使い捨てなど、色々あって悩ましい。
今回は、使い捨てのソフトコンタクトも試してみよう!と思い、色々と調べてみました。

ハードコンタクトの特徴

ハードコンタクトを長年使っています。
最近、あまりハードコンタクトを使っている人をみかけないけど、やっぱりコンタクトといえばハードでしょう!

ハードコンタクトというと、現在では「酸素透過性ハードコンタクトレンズ」を指します。
酸素透過性というだけに、コンタクトレンズの素材自体が酸素をよく通すので、「目の呼吸」をさまたげないというメリットがある。

そうなんです!目の呼吸ってのが、かなり大切ですね。
目が呼吸しないと、乾燥した感じになるってことでしょうね〜。

なので、ハードコンタクトを選ぶ基準は「酸素をどれだけたくさん通すか?」というポイントを見るのがよいですね。

ソフトコンタクト(使い捨てタイプ)の特徴

一番ポピュラーなのが、使い捨てのソフトコンタクトだと思います。
何といっても、「使い捨て」というのが魅力ですね。

使い捨てのソフトコンタクトは含水タイプという、水分を多く含んだものが主流です。
素材に水分を含んでいるので、その水分(涙)を介して酸素を目に供給しているそうな。

そのため、ソフトコンタクトを選ぶ基準は「水分をたくさん含んでいるか(酸素をどれだけたくさん通すか?)」というポイントになります。

結局、コンタクトは酸素をいかに目に供給するか?ってのがポイントのようですね。

どれだけ酸素を通すのか(酸素透過率)

コンタクトのカタログに「Dk値」という数値がでてきます。
menicon-z
menicon-1day
メニコンZのホームページより

Dk値とは「レンズがどれくらい酸素を通すかを判断する値の一つ」だそうです。
この値が高いと、このレンズはこんなに酸素を通しますよ〜って事になるんですね。

ただし、Dk値は素材自体の係数なので、レンズの厚さによって酸素を通す率が変わってきます。(厚いと、それだけ酸素が通らなくなる。)

という事で、Dk値が高い、そして薄いものというポイントで商品を選ぶのがいいみたい。

尚、厚さも考慮した酸素を通す値は「Dk/L値(酸素透過率)」といいます。
でもこの酸素透過率は、あまりスペック表示されていないみたいです。

何で使い捨てソフトが魅力なのか

ハードコンタクトを使っていて一番つらい事、それは「目にゴミが入った時」。
これは、相当つらい!っていうか痛い!

そのため、風が強い日や砂っぽい所など、目にゴミが入りそうな予感がする所は、かなり恐怖です。
風が強い日のビーチなんて、ハードコンタクターには修行とも言えます。

そしてもう一つ。
海やプールで、コンタクトをつけたままバシャバシャ泳ぎたい!

ハードコンタクトは外れやすいので、コンタクトをつけたまま泳いだら、とたんに海の藻屑と化してしまう。
でも、コンタクト外すと全然見えない!
だから、メガネをかけるが、水に入る時は結局メガネも外す

そうです、どうにもならないんです。
まあ、見えない状態を我慢するか、顔に水をつけずに頑張るしかないんですね。
でも、見えない状態はとってもイヤ!(特にプールとか海では…)

ハードコンタクトを無くした時の敗北感

何といってもハードコンタクトは1個が高いんですわ!
そのため、無くなった時の圧倒的な敗北感は、この世のものとは思えません。

コンタクトを洗っている時にポロっと落として、しゃーっと流しに流れていく時のスローモーションっぷりもハンパない。

コンタクトが目からポロっと落ちて、周りに「ストップ!動かないで〜」と言って、そ〜っと下を探して、軽〜く服をパタパタして、全然無い〜と思ったら、なぜかヒジにくっついてた〜!…みたいな時の幸福感(?)も、できれば味わいたくない。。

要は無くした時のダメージがでかいって事ですね〜。
なので「使い捨て」という甘い果実が、なんとも魅力的で仕方ありません。

実際に使い捨てソフトを使った使用感

という事で、憧れの使い捨てソフトコンタクトを使用してみました!
ハードコンタクトの愛用者が、使い捨てソフトを使ってみた感想は…(主観です)

コンタクトがデカっ!

ハードに慣れているせいか、ソフトが超デカく感じます。
ハードって黒目より小さいので、黒目より一回りも大きなソフトコンタクトが、みょーにデカく感じます。
なので「つけにくい。外しにくい(というか外せない!)」って状態になりました。

目が乾くぅ〜

これは、一番困った現象。とにかく目が乾く。(乾いてるように感じる)
慣れれば、あまり感じなくなるかもしれないけど、パソコンで仕事してたりすると、かなり乾いたな〜って感じになりました。

あまり見えないぞ??

はい、乱視です。
ハードコンタクトをしている時は、あまり気にしたことがなかったけど、ソフトにしたら乱視がかなり影響する。
はっきり言って、細かい字が全然見えない。。。これは困った。

あと、乱視の影響かはわからないけど、何となくハッキリクリアーな視界って感じじゃない。
何となく、夢のなかにいるような、水の中にいるような、ちょっとモヤッとした感じ?かな。

ランニングコストがかかるなぁ〜

毎日使い捨てだと、やっぱりチョー高い!
こりゃ、きびしー!

うまく使い分けるのがベスト

結局、普段の生活ではハードコンタクトに軍配が。
でも、海やプールに行くときは使い捨てソフトを持っていく。
こんな感じで、行く場所や用途に応じて使い分ける。これが一番いいな〜と思います。

ネットで買うと安いのさ

今回はコンタクトの処方箋(あなたのコンタクト度数はこれですよって情報)が欲しかったので、検眼も兼ねてコンタクト屋さん(眼科が併設されてる所)に行きました。

しかし、コンタクト屋さんって何か誠意がないというか、流れ作業的に買わされるというか、相談してもあまり期待した回答がないというか。。。
とにかく、おすすめのヤツをひたすら勧められて、こっちの意見は「それはCMとかでやってますけど、実は一番性能が悪いんですよね〜」みたいに、disられる。。
何かあまり好感が持てませんでした。(もちろん店舗によります。たまたまハズレだったのかな?)

だから、処方箋だけもらって(ネットは安いって噂を聞いてたので)ネットで購入することに決めました。

という事で、早速ネット通販を見てみる。
どれどれ、、、

ん? まじ、、安い。ちょー安い!!
店舗の3分の1の値段で買えんじゃん!!
そんなに安いもんだったのか。。。知らなかった・・・。

これからは、コンタクトはネットで買おう。
眼科に行って処方箋だけもらえば、それだけでOKだし。
そもそも、処方箋もいらない…。

という事で、購入したのはコレ↓。

色々とショップを比較しまくったけど、このワンハンドレットさんは、とっても安くていい感じ!

ネット購入で必要な情報は

ネットで購入する際、必要になる情報はこれだけ↓

  • BC
  • PWR
  • サイズ(レンズ径)

これらの情報は、眼科の処方箋に書いてあります。ただし、処方箋がもらえない事もあるみたいなので注意が必要ですね。
私の場合「レンズの度数を教えてもらえますか?」と聞いたら、BCとかPWRの情報を教えてくれました。

↓使い捨てのソフトコンタクトはここから購入してみた。


ちなみに、ちゃんと眼科には定期的に行きましょうね。
目の病気になってからでは遅いですよ〜。